MENU

安全でおすすめの国産オーガニックコスメランキング|わがままコスメ主義!

化粧品業界のシェアを年々右肩上がりに拡大し続け、今や海外の大手商品メーカーが商品を参考にしているとされる国産コスメ。
その中でも、近年爆発的に人気が上昇しているのが国産オーガニックコスメです。

当サイトでは、今世界が大注目する国産のオーガニックコスメの魅力やおすすめの国産オーガニックコスメランキング、オーガニックコスメにまつわる様々な疑問について調べまとめてみました。

オーガニックコスメに興味のある方、安全信頼できるオーガニックコスメをお探しの方、脱ケミカルコスメを検討中の方、しっかりとコスメにこだわりを持ちたい方には必見の内容となっています。お気に入りのオーガニックコスメ選びの参考になれば幸いです。

おすすめの国産オーガニックコスメランキング!

今人気の国産オーガニックコスメをランキング形式でご紹介します。
商品選定の基準は、後述の国産オーガニックコスメの選び方を参照にしてください。

ランキング第1位:HANAオーガニック

HANAオーガニック

お試し価格 送料 おすすめ度
1,480円 無料 おすすめ度5
国産のオーガニックコスメの中で、今もっとも注目が集まっているHANAのオーガニック。世界最高峰のオーガニックローズ1万枚以上を凝縮したローズエキスが圧巻の香りを放ちます。
優雅で贅沢なローズな香りに包まれながらのスキンケアは、極上のリラックスタイムを作り出します。最先端の美肌菌や女性ホルモンへの働きかけに着目するなどスキンケアの域を飛び越えたこだわりは、他商品の追随を許さない満足感があります。国産オーガニックコスメを求める全ての人におすすめの最高級の逸品です。

ランキング第2位:沖縄オーガニックコスメ琉白(るはく)

琉白

お試し価格 送料 おすすめ度
990円 無料 おすすめ度4
オーガニック原料の厳選から成分の抽出、加工に至るまで圧倒的に時間や手間ひまがかかるオーガニックコスメ。
そんな手間ひまを苦労とせずに、日々忙しく働く奥様への愛情といたわりの気持ちから作られたのが沖縄の恵みを最大限に活用した「琉白」です。沖縄伝統のハーブの「月桃」をベースに作り上げた愛情オーガニックコスメは、本場フランスの認証機関「エコサート」にも認める最高品質となっています。
ランキング第3位:ラーネオナチュラル

ラーネオナチュラル

お試し価格 送料 おすすめ度
1,260円 無料 おすすめ度4
芸能人の浜崎あゆみさんが愛用していたことでも有名な国産オーガニックコスメ「ラーネオナチュラル」 
素材を丸ごと使用し、極力そのままの形で使うことで自然が本来持っている力を最大限に引き出す「一物全体」をコンセプトに掲げ、食べられるほど安全な素を厳選して使用しています。その場しのぎで自分を偽る化粧品選びではなく、自分の肌を好きになる、そんなオーガニックコスメをお探しの方におすすめ。

国産オーガニックコスメの選び方

国産のオーガニックコスメの商品数はまだまだ少ないとは言え、全体量のわずか1%にも満たないオーガニック成分を配合しただけでオーガニックコスメを謳う低品質な商品も存在している事実があります。
そのようなオーガニックコスメの罠に騙されないように「失敗しないオーガニックコスメの選び方」の3つのポイントを紹介します。
失敗しない国産オーガニックコスメの選び方
ポイント1:企業ポリシーやコンセプト、認証基準を確認する
ポイント2:成分表を確認する
ポイント3:トライアルセットが用意されているかを確認する
◆ポイント1:企業ポリシーやコンセプト、認証基準を確認する

 

当サイトで何度も念を推していますが、オーガニックコスメはある種こだわりを貫いたわがままなコスメと言えます。
そのため、各メーカーごとに魅力的で明確なコンセプトやポリシーを打ち出しています。多くの女性を悩ませている肌悩みを独自の視点で分析し、徹底的な試行錯誤の末に商品を開発している素晴らしいメーカーが多数あります。

そのコンセプトやポリシーに納得し、わがままを受け入れることでオーガニックコスメへの愛着がどんどん増してきます。
◆ポイント2:成分表を確認する

 

化粧品の設計図、化粧品のレシピとも言える成分表を確認することは、粗悪な偽物オーガニックコスメを見抜くためにとても大切な要素です。

国内で販売されている化粧品には、必ず全ての成分を記載しなければならない義務を負っています。公式ページや外箱に必ず成分表は載っていますので確認をするようにしましょう!
成分表の見方がよくわからない方は、下記のポイントだけ覚えておいて下さい!

 

1:配合量の多い順から記載されている
2:自然由来成分は表記がシンプル
3:自然由来で成分でも違う成分名で表記されることもある

 

成分表の見方

化粧品の成分表は必ず成分の配合量の多い順から表記しなければならないルールがあります。
オーガニック成分は上記のように原材料が簡単に連想できるようなシンプルな成分名になっていることがほとんどです。
稀に植物成分を生成する際に成分名の表記が変わることもあります。例えば、エタノールは自然由来には石油由来と植物由来どちらでもエタノールと表記されます。
このような場合の場合は、企業ポリシーや自社基準なども参照にしながら商品を選ぶことで低品質なオーガニックコスメを選んでしまうリスクをほぼ回避することができます。
◆ポイント3:トライアルセットが用意されているかを確認する

 

後ほど詳しく説明をしていますが、オーガニックコスメは必ずしも肌に優しいわけではありません。
自然由来の成分をそのまま使用していますので、アレルギーのリスクや肌荒れ、かぶれのリスクももちろんあります。

オーガニックコスメの本商品は、ある程度の値段がしてしまう商品も多いためあらかじめ安価なトライアルセットをパッチテストとして使用することをおすすめします。

こだわりの最高傑作!HANAオーガニックがやっぱりおすすめ!

国産メーカーの中で絞った場合、やはりおすすめHANAオーガニックです。

精製方法も複雑で原料の原価率も高め、ユーザーの信頼を得るために厳しい自社基準を設けなければならないオーガニックコスメの製造は化粧品メーカーに茨の道を歩くようなもの。

それでも自然由来成分に徹底すること、オーガニックであること、高い効果を保つことにとことんこだわり続ける代表的なわがままコスメ、それがHANAオーガニックです。

HANAオーガニックの代表である林田七恵さんは言います。

「自分で自分を承認するお手伝いをしたい」

女性がコスメによって自分自信の美を追求していくことは、まさに自分で自分を認めるために行う行為だと思います。

こんな素敵なコンセプトと林田さんのこだわりが凝縮したわがままコスメを是非皆さんもお試しく頂きたいと思っています。

人気急上昇中の注目コスメHANAオーガニック、ぜひお試しください!

より詳しい情報は、公式ページをご確認ください!

国産オーガニックコスメの正しい使い方や考え方

国産オーガニックコスメに興味を抱いている方は、こんな経験や思いを感じている方が多いと思います。
・今までのケミカル化粧品は効果がなかった
・ケミカル化粧品は肌への刺激が強いんじゃない?
・ケミカル化粧品は危ない!
・私の肌の悩みに最適な化粧品がわからない etc...
少し極端な考え方も含んでいますがこのような考え方を持ってオーガニックコスメに辿りついた方も少なくないと思います。
口コミサイトでも「ケミカル化粧品はやめて、オーガニックコスメに一新しました。」との声も多く見かけます。

このような考え方も理解はできますが、個人的にもっともおすすめしたいオーガニックコスメの使い方は

「ケミカル化粧品VSオーガニック化粧品」ではなく、「適材適所に使い分けるハイブリッドな使い方」です。
ケミカルコスメとオーガニックコスメの考え方は、医薬品の投薬により患部をピンポイントで治療する対処療法的な考え方と病気の原因を作り出している根本原因から改善していく根本療法の考え方に似ています。

医薬品の投薬によって風邪や発熱などの症状が治療できることは誰でも知っています。そして、普段の食事の栄養バランスによって身体に不具合が生じたり、病気の原因に繋がっていくことも誰でも知っています。
これをあえてどちらか1つに絞る必要はあるでしょうか?

ピンポイントなシミのケアやたるみのケアなど効果を効かせたい箇所が明確になっている場合は、確実な作用を持ったケミカル化粧品。

そうではなく肌全体の潤いを高めたい、肌全体をトーンアップしたい、赤ちゃん肌のように肌を本来の姿に戻したい、など肌の基盤作り、肌質の底上げをしたい場合はオーガニックコスメを、このように目的に合わせた使い方を意識することが大切です。

すでに顔に出来てしまったシミを消すことと新しいシミを防ぐことだけとっても目的は違います。ハイドロキノンのような効果の高いケミカルコスメでピンポイントなケアをしながら、オーガニックコスメでメラニン色素の排出を高める、このように組み合わせ、使い分けをすることでより効果を実感できるベースコスメを選ぶことができます。
国産オーガニックコスメは即効性がない?
美容系口コミサイトや美容系相談サイトで見かけるのが「オーガニンクコスメは即効性や肌に染み込んでいく実感がないから使わない。」このような意見です。

どこまでを即効性と考えたらよいかが曖昧ですが、高品質な国産オーガニックコスメを使うことで1週間、2週間で確実に効果を実感したとの口コミ投稿も非常に多いのが事実です。
早い方では、使ったその晩から効果を実感しているユーザーも多くいますので、決して即効性がないとは言い切れません。

女性の肌荒れ外来でオーガニックコスメを処方するクリニックもありますので、オーガニックコスメは効果ない!オーガニックコスメは即効性がないとお試しする前から決めつける必要はないと思います。
自分の肌の可能性を諦めずに試してみることは、決して無駄ではないです。安価なトライアルセットをうまく活用しながら、是非ご自分のお肌で効果を存分に試してみてください!

国産のオーガニックコスメを勧める5つの理由

当サイトでご紹介するオーガニックコスメは出来る限り国産の商品に限定しています。
海外産のオーガニックコスメには、憧れにも近い魅力がいっぱいありますが、国産のオーガニックコスメも負けず劣らず魅力的な商品が増えています。

当サイトで国産のオーガニックコスメをおすすめしている理由は以下の5つです。

おすすめ理由1:日本人の肌質を理解した商品設計
おすすめ理由2:価格が安く継続しやすい
おすすめ理由3:ジャパンクオリティの安心感
おすすめ理由4:意外と知られていない海外評価
おすすめ理由5:市場成長の余地

それでは、ひとつずつ詳しくみていきましょう!
◆日本人の肌質を理解した商品設計

 

日本人の肌質や肌悩みは、同じ日本人が1番理解しています。
当然です、世界中の各国ごとに気温や湿度、日照時間や紫外線量などバラバラです。終戦後、アメリカ雑誌やアメリカ人の影響を受け本格的にコスメ市場が発展していったと言われていますが、70年程の間に化粧品業界に蓄積された日本人の肌に関するデータやノウハウは膨大な量にのぼります。
その結晶とも言える高品質な化粧品こそ日本人が使うべき化粧品です。
◆価格が安く継続しやすい

 

百貨店やファッションビルに堂々とテナントを構え、華やかなディスプレイに囲まれた海外産のオーガニックコスメは得も言われぬ魅力があります。
ですが、実際に手に取り値段を見てみると想像以上に値段が高いなんてこともよくあります。
やはり関税や輸送コストなどが商品価格に転嫁されているため、国産オーガニックコスメと比べ値段が高くなってしまう傾向があることは否めません。
国産オーガニックコスメメーカーの中には、実店舗を出さずに通販限定で販売行っているメーカーも少なくありません。店舗販売にかかる販促費などのコストを抑えることで、さらにお買い得な価格で商品を購入することができます。
◆ジャパンクオリティの安心感

 

信頼のJAPANクオリティーの言葉があるように日本のモノ作りの品質は世界でも群を抜いています。
海外の大手オーガニックコスメメーカーの中には、定められた品質基準の敷居の高さから参入を拒否するメーカーもいる程です。
またずば抜けて高いJAPANクオリティを当たり前に感じている肥えたユーザーの選定眼も品質ラインを高水準に保っている大きな理由となっています。
日本での当たり前は、海外からの視点で見れば限りなく高品質、つまり国産オーガニックコスメは限りなく高品質なコスメの1つです。
◆意外と知られていない海外評価

 

こちらも国内にいてはなかなか分からない事実ですが、美容界の最先端であるフランス・パリなどでは日本のコスメに熱い注目が集まっています。
パリで行われる最大のファッションショーであるパリコレで活躍するメイクアップアーティストが日本のコスメを大絶賛、日本のオリジナルコスメに触発されて商品開発を勧めるメーカーも少なくないようです。
日本は、ドラッグストアが薬局の領域を飛び越えて発展しています。その中で生き残りをかけて磨かれていくコスメの質が低いはずがありません。
このような文化的な背景もあり、世界的にも国産コスメの評価は高まっています。
◆市場成長の余地

 

世界的に注目が集まっているとは言え、日本国内の化粧品市場は飽和状態で頭打ちになっています。
そんな閉塞感の漂う美容業界全体の中でも、人気や注目がますます高まり市場が右肩上がりで伸び続けているのオーガニックコスメ業界です。

一般化粧品、オーガニック化粧品の市場比較

現状まだまだ資本力のある大手の参入も商品バリエーションも少ないため、メディア露出の頻度も少なくオーガニックコスメのユーザー認知度は低いと言えます。
ですが、近い将来大手企業がオーガニック市場に参入すれば商品バリエーションも増え、価格ももう少しお手頃になり、素晴らしい国産オーガニックコスメもどんどん開発されると思います。
どこのケミカルコスメを使っても効果を感じることができない、どの商品を使っても一緒と嘆く前に是非可能性に満ちた国産オーガニックコスメを試してみませんか?

このように国産のオーガニックコスメには海外ブランドに負けず劣らずの魅力に溢れています。
憧れのブランドに傾倒するコスメ選びの楽しみ方もありますが、いち早く国産のオーガニックコスメを取り入れ開拓していく楽しみも1つのコスメ選びの醍醐味ではないでしょうか?

本音を言えばオシャレで可愛い海外ブランドに負けず劣らずの国産オーガニックコスメが増えるようにみんなもっとオーガニックコスメを使ってぇーーー!と思ってます。(笑)

国産オーガニックコスメに関する疑問まとめ

まだまだオーガニックコスメ国内での認知度は低く、オーガニックコスメ自体の認識が曖昧な方も少なくないと思います。
そこでここではオーガニックコスメにまつわる様々な疑問をQ&A方式でまとめてみました!
そもそもオーガニックコスメって何?
実は、まだ日本ではオーガニックコスメに明確な基準がありません。
国内で屈指の人気を誇るHANAオーガニック社では以下の定義を基準としています。(国際的な認証団体による定義の共通点)
1・石油由来成分の不使用
2・動物由来成分の不使用
3・配合された植物原料のうち、70%〜90%がオーガニック栽培の植物を使用

こちらも市場の拡大に伴い粗悪なオーガニックコスメが出回ることで正しい定義が確立するはずです。

現状でも、成分のほんの一部だけオガーニック成分を使用しオーガニックコスメを謳う「自称オーガニックコスメ」があります。
このような粗悪品に手を出さないためにも、成分表や企業ポリシーをしっかりと確認するクセを付けましょう。
ナチュラル化粧品との違いは?
ナチュラルコスメとは、「自然の、本来のコスメ」という幅広い意味になります。
実は、化粧品が本格的に普及し始めてからまだ100年も経っていません。それ以前にもコスメ自体は存在していましたが、当然ケミカル成分やケミカルコスメは存在していません。

その中でも女性の美への追求はずっと昔から始まっています。その自然の恵みと叡智を活かした美容法のより良いところを活かした原点回帰とも言えるコスメ、それがナチュラルコスメです。

オーガニックコスメは、ナチュラルコスメのカテゴリーの中に位置し、さらに原料の栽培法、成分の抽出方法、調合などを厳選した開発メーカーのこだわりと工夫が詰まったコスメになります。
無添加化粧品との違いは?
化粧品は大きく分けると以下の3つに分かれます。(医薬品、医薬部外品は除く)
・ケミカル化粧品
・無添加化粧品
・オーガニック化粧品(ナチュラル化粧品)
このうちの「無添加化粧品」にも何を無添加にするのか、その明確な定義がありません。
無添加化粧品と聞くと化学成分不使用の化粧品を想像してしまいがちですが、化学成分も石油由来成分も含まれています。

1980年に厚生労働省が告示した肌トラブルを引き起こす103種類の危険成分(旧表示指定成分)を添加していない化粧品=無添加化粧品と呼ぶケースが多く、無添加=ナチュラルではないことだけ認識しておいてください。
オーガニックコスメは値段が高いのはなぜ?
品質を厳選した原料選定や、コスメへと形を変えていく製造過程においてもナチュラルであることにとことんこだわるオーガニックコスメにかかる手間ひまはケミカル化粧品の比ではありません。安いコスメには、安いだけの理由があります。
価格での商品選びではなく、こだわりに共鳴できるユーザーにこそ使用して頂きたいコスメです。それでも少しでもお安く購入したい場合は、国産オーガニックコスメがおすすめです。
オーガニック認証って何?
先の通りまだ日本には、オーガニックコスメであることを認定するための定義や認証機関が存在していません。
ですが、オーガニックコスメが一般的に普及している海外では基準を設けオーガニックを冠するに足ることを認証するための機関が存在し、これをオーガニック認証と言います。

イギリスに本拠地を置く「ソイルアソシエーション」やフランスの「ECOCERT(エコサート)」、アメリカの「USDA(米国農務省)」やベルギーの「NATRUE(ネイトゥルー)」、イタリアの「SoCert」など多数存在します。

国産オーガニックコスメのメーカーは、これらの認証機関においての認定基準を満たす、あるいは上回る厳しい自社基準を設けることで商品の安全性や品質の徹底管理を行っています。