MENU

美肌菌って何?美肌菌を増やすオーガニックコスメってあるの?

人間の肌には「常在菌」と呼ばれる無数の細菌が存在します。

「常在菌」には腸内細菌と同じように善玉菌と悪玉菌があります。その中でも肌を美しくする作用のある善玉菌「表皮ブドウ球菌」は「美肌菌」と呼ばれるほど、肌の美しさに大きく関係します。

「美肌菌」は表皮にある細菌ですから、スキンケアの影響を受けやすく、強力な殺菌作用を持つ洗浄剤などで、せっかくの「美肌菌」が死んでしまうこともあります。「美肌菌」もオーガニックコスメも、もともと地球に存在する天然の存在、なんとなく相性がよさそうな気もしますが、オーガニックコスメを使用することで、「美肌菌」を活性化したり、増やしたりすることは可能なのでしょうか?

「美肌菌」って何?菌で肌がきれいになるの?

「肌に存在する細菌」というと、ニキビのもととなるアクネ菌や傷を化膿させる黄色ブドウ球菌を連想し、いやな気分になってしまいそうですが、腸内にある乳酸菌などの善玉菌が腸内をきれいにしてくれるように、肌の細菌も、肌をきれいに、健康にしてくれる美肌の強い味方です。

この「美肌菌」とは、正式には表皮ブドウ球菌と呼ばれます。表皮ブドウ球菌は、肌の表面の皮脂を分解し、グリセリン脂肪酸を生成します。

グリセリンは食品添加物として使われるほか、保湿剤・潤滑剤として咳止めシロップ、うがい薬、練り歯磨き、石けん、ローションなどに幅広く利用されています。もうひとつの脂肪酸は肌を酸性に保ち、外部刺激から肌を守る役割があります。つまり自分の皮脂を使って天然の保湿剤と保護剤を作るのが「美肌菌」です。

「美肌菌」を増やし、育てるのに必要な成分は?

この「美肌菌」を増やすにはオリゴ糖(グルカンオリゴサッカリド)が必要です。

腸内の善玉菌である乳酸菌と同じように、「美肌菌」である表皮ブドウ球菌も、菌に「ごちそう」をあげることで、増殖し、活性化します。オリゴ糖を表皮に塗ることで、「美肌菌」である表皮ブドウ球菌が増えます。
実は肌荒れや炎症の原因となる悪玉菌である黄色ブドウ球菌も同じようにオリゴ糖が好物なのですが、「美肌菌」表皮ブドウ球菌の方が、オリゴ糖を食べるスピードが速いので、「美肌菌」が増えれば増えるほど、逆に悪玉菌は減少し、美しく健康な肌環境が期待できるのです。

一方で、清潔を心がけるあまりに、強力な殺菌作用のある洗浄剤での洗顔や、アルコールの強すぎるローションなどを使いすぎると悪玉菌と一緒に善玉菌である表皮ブドウ球菌もいなくなってしまいます。

「美肌菌」がいなくなった肌は天然の保湿剤と保護剤のない状態、つまりバリア機能がなくなり、ちょっとした刺激でダメージを受けやすくなってしまいます。「美肌菌」に威力を発揮してもらうためのスキンケアのキーワードは「オリゴ糖」と「おだやかな処方」です。

「美肌菌」を育てる、肌のごちそうオーガニックコスメはコレ!

「おだやかな処方」ということで、「美肌菌」はオーガニックコスメと相性がよさそうです。具体的に「美肌菌」活性化が期待できそうなコスメを、日本の気候にマッチした国産のオーガニックコスメの中から探してみました。

まず、ごちそうコスメの筆頭はHANAオーガニック、「美肌菌」と相性がよいといわれるローズウォーターを贅沢に使い、さらに天然のオリゴ糖の一種「バイオエコリア」が配合されています。

ローズウォーターは免疫機能を活性化するといわれていますから、「美肌菌」との相乗効果がより期待できそうです。

同じく「美肌菌」のごちそうコスメは、ハワイ生まれの国産オーガニックコスメ、ウェリナ オーガニクスのカレアセラム(美容液)とカレアトナー(化粧水)。なぜハワイ生まれかというとハワイ州の島々のさまざまな厳選オーガニック素材とハワイアン海洋深層水を全アイテムに使用しているからです。

カレアセラムとカレアトナーは、さらにたっぷりのローズウォーターと「バイオエコリア」を配合し、「美肌菌」が活躍しやすい肌環境をつくってくれます。やはりローズウォーターとオリゴ糖は、相性がいいようですね。

もうひとつ紹介したいのが、善玉菌を活かすアイテムとしてコスメ、サプリから洗濯用の洗剤などまで幅広く展開しているネオナチュラルのコスメライン、ラーネオナチュラル。特にオーガニック植物成分94%+発酵生成成分6%を配合したリッチヒーリングローションは注目アイテムです。

「美肌菌」が美肌成分をつくるには材料となる皮脂も大切

「美肌菌」が美肌成分をつくるためには材料となる皮脂と、菌が活動するための湿度が必要です。皮脂をとりすぎないことと、保湿ケアは「美肌菌」の活躍に欠かせない要素です。

その意味で、適度に汗をかくことも「美肌菌」の活性化につながります。汗をかいても「美肌菌が活躍してくれる!」と考えればポジティブな気分になれそうですね。